フリーランスの将来を有望にするキャリア

フリーランスをするエンジニアにとって、プロジェクトマネージャーを担えるような能力と経験とを身につけることができれば、将来は安泰だと考えて仕事をしていくことができます。
技術者としての経験に加えて、管理職としてプロジェクト全体を見る視点や、経営者として社会から見たそのプロジェクトの意義についても考えられる視野を持つ人材とならなければ、プロジェクトマネージャーとして一つのプロジェクトを立ち上げて成果へと導いていくことはできないからです。

この仕事を担えるということは、技術者としても管理職としても一流ということであり、再び管理職にあたる仕事を請け負ってフリーエンジニアとして働くことは特に容易なことになります。
プロジェクトの全体を取り仕切れる人材は希少であることから、その経験があるという時点でどの企業からも高い期待が持たれるようになるからです。

一方、こういった能力の高い人材は企業においても喉から手が出るほどに欲しいことが多く、スカウトを募集する登録を行えば引く手数多になる可能性があります。自ら希望する転職先に応募しても高い可能性で採用してもらえるようなキャリアとなる実績です。

考え方を変えれば、フリーランスをして将来を有望なものにするためには、目指すべき登竜門の一つとなるのがプロジェクトマネージャーとして起用されるようなスキルと経験を身につけ、実際にプロジェクトを立ち上げて成功に導くことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です